レンタルサーバー 表参道うんこブログ 便秘体質を改善する3つのメリット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便秘体質を改善する3つのメリット

便通トラブルをお持ちの方にオススメするのはおなかを温めての動きをよくすることです。
そこで、これから具体的な『おなかの温めかた』を紹介していきたいと思います。

方法【1】半身浴(前編)

半身浴には3つの作用があります。
まず、血行をうながして新陳代謝を高めること。便秘体質の人は、全身の自然なサイクル、つまり代謝が悪くなりがち。汗をかきにくい体質や、冷え性の人も多く見られます。

全身浴でのぼせやすい人も半身浴なら大丈夫。無理なく長く入浴でき、しだいに体の奥深くから温まって汗がにじむ気持ちよさが味わえます。
入浴後も温熱効果が持続し、心地よい眠気を誘います。

次に、筋肉のこりや疲労を和らげる作用。お湯につかるのはおへそから下なのに、全身くまなく温まるのが半身浴のいいところ。肩こりや腰痛にも効果的です。

3つめはリラックス効果。とくに、けいれん性の便秘の人は、半身浴をしながら頭をからっぽにしてのんびりと。イヤなことも忘れられ、心は解放されるでしょう。同時にの緊張もほぐれます。


次に具体的な半身浴の方法です。

浴槽に、おへそから下まで浸かる程度の、ややぬるめの湯(38~40度)をはって入浴します。
最初、寒さが気になるという人は、バスタオルで肩や胸をおおってはいります。
通常ならば15分をすぎたあたりから顔や体がぽかぽかと温まり、汗がにじんできます。

まれに、15分を過ぎても汗をかく実感が得られない場合もあります。そういう人は代謝が落ちている証拠。
しかし何度か半身浴を続けているうちに、代謝が高まって気持ちよく汗をかけるようになるので、心配はありません。

1回の半身浴にかける時間は30~40分が理想。消費カロリーはジョギング2~3キロメートルに匹敵します。
途中、水温が低くなったなと感じたら、温かい湯をつぎたして、温度を保つようにしましょう。
また、汗がだらだらとたれてきたら、タオルでこまめにぬぐいましょう。


後編に続きます。
スポンサーサイト

テーマ : 便秘でお悩みの方
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日体研事務局

Author:日体研事務局
硬いうんこ・柔らかいうんこ・少ないうんこに悩む人の味方です

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。